おすすめのクレジットカードはコレ

胸をはっておすすめできるクレジットカードはコレ

ポイント還元率おすすめナンバーワンのクレジットカード

By on 2016年9月14日

一昔前に比べると、クレジットカードが使える店やサービスがかなり増えています。たとえば電話代や電気代、新聞代などをカード決済することが可能です。銀行口座決済ではなくカード決済を選んだからといって、電気代等が高くなってしまうようなことはありません。逆に、実質的な値引きを受けられるようになるため、とてもお得です。また、日常的に利用するスーパーやコンビニ、ドラッグストアなどでもカードが使えるところが増えてきました。カード決済が可能な店では現金で支払わずにカードを使うようにすれば、簡単に生活費を節約できるようになります。カード決済が中心だとお金を使い過ぎてしまうのではないかと心配する人がたまにいますが、コツさえ掴んでしまえば案外大丈夫です。おまけに、現金よりもスムーズに支払いを済ませることができるようになるため、時間の節約にもなります。

カードはポイント還元率の高さで選びましょう

ショッピング利用額の一部がポイントとして還元されるシステムになっているカードが大半です。どの位のポイントを付与してもらえるようになっているかをポイント還元率と呼びますが、これからクレジットカードを作ろうと考えている人は、ポイント還元率が高いカードを選ぶようにするのが望ましいです。平均的なカードのポイント還元率は0.5%です。これにボーナスプログラムによる付加ポイントがプラスされて実質的なポイント還元率が0.75%前後になっているカードが多いです。つまり、年間のカード利用額が100万円の場合、ポイント還元されるのは5000~7500円というのが一般的なカードです。しかし、よく探してみると、ポイント還元率が1.0%以上になっているカードが複数存在しています。賢いカードユーザーになりたいのであれば、ポイント還元率が1.0%以上になっているカードを選ぶのが得策です。

おすすめできるクレジットカードはコレ

ポイント還元率が1.0%以上になっているクレジットカードはいくつかあります。代表的なものとしては、楽天カード、dカード、OricoCard THE POINT、ビックカメラSuicaカードなどをあげることができます。この中でも特におすすめすることができるのは、ポイント還元率が高い上に年会費が永年無料の楽天カードです。楽天カードの通常還元率は1.0%ですが、楽天市場や楽天ブックスで買い物をした場合はポイント還元率が3.0~7.0%に跳ね上がります。また、他のポイントカードや電子マネーと併用すると、楽天グループ以外の買い物でも1.5~2.0%のポイント還元を受けることができます。ネットショッピングを頻繁に行う人にはうってつけのカードですので、メインカードとしての利用をおすすめすることができます。